夢に向かって地方の薬剤師で稼ぐはあり!

とある日の夜に、手の甲に熱湯をぶちまけました。最初は大したことないだろうと流水で軽く冷やしましたが、
どんどんずきずきじんじん痛みが激しくなり、夜もまともに寝ることが出来ませんでした。

しかし、こんなやけどで病院に行くのは嫌だし、
スマホで調べると自分で治せそうでしたので、やけどにいいという薬を探して、職場の休憩時間に薬屋に行くことにしました。

しかし、職場の周りは薬局が近くに見当たらず、処方箋などをくれる調剤薬局しか見当たりませんでした。
病院で処方箋をもらう以外で利用したことが無かったので、入っていいのかもわからず2件ほど勇気を出して入店したものの、
場違い感に圧倒されて出てきてしまいました。

やはり、処方箋も持っていないし、様子がおかしく見えたのか、店員さんらしき人にも声を掛けてもらうこともなく、
途方に暮れてしまいました。最後のチャンスで薬がもしかしたら買えるかも、
と入った調剤薬局で運命の出会いがありました。

先程訪れたお店よりも小さかったですが、商品がたくさん並んでいて、店員さんがすぐに声を掛けてくれました。
こういう事情でやけどに塗る薬を探しています、と伝えたところ、
ちょっと詳しそうな人に聞いてきますね、とわざわざ裏に行って薬を調べに行ってくださいました。
そこで紫雲膏という薬がやけどには一番と教えてもらって、
購入することにしました。
とても親切な薬剤師さんで、少しの間痛みも忘れ話をしていると
夢があり、稼ぎたいからと言う事で地方のここに就職されたそうです。地方では薬剤師は稼げるようです。
その人がこのサイトで職探ししましたとも教えてくれました。【薬剤師の求人|地方で稼いでリッチに暮らす【俺の体験談】
夢の為に頑張ってる薬剤師さんを応援したくなりました。

今回のように親切に案内をしていただかなかったら、
調剤薬局など処方箋をもらう時以外は二度と立ち寄らなかったと思います。
私が無知なのがいけなかったですが、とてもいい体験をしました。

しかし、その薬が切れてしまい、
家の近くの普通の薬局を何件も探しましたが目的の薬を見つけることが出来ませんでした。
ただ、たまたまですが、地元の調剤薬局で手作りの紫雲膏の販売始めました、
という貼り紙を見つけて、
無事再購入することが出来ました。

今までは薬を買うのは普通の薬局しか思い浮かびませんでしたが、
調剤薬局でも一般の人が購入できる事を知ることが出来、
本当に助かりました。

正直ぽっちゃりだと婚活で不利?

婚活サイトや結婚相談所・アプリなどを駆使し婚活をしている方も多いと思います。

私は婚活パーティを中心に活動していました。基本は年齢がOKなもの、公共施設の会議室で行うようなものやホテルが会場のすこしリッチなものまで10回以上行ったと思います。きっかけは同僚の紹介でした。

会場が近かったので行ってみるかという軽い気持ちで一緒に申し込みました。男女各25人のパーティでしたが、女性は婚活パーティが初めての方が半分ぐらいいたと思います。後程聞いたところ、男性はほとんどが何かしらの婚活パーティで会うメンバーで顔見知りばかりだそうでした。

自己紹介カードで一人3分ほどの歓談の後、フリータイムという流れでした。受付順かと思いきや、男女それぞれリーダー的な方がいらっしゃって「あなたの次は新しい人のほうがいいね」など仕切り始め、私と同僚は引き離されて座りました。

フリータイムも飲み物のテーブルに陣取り、なぜかその方々に飲み物をお願いする形でした。もちろんスタッフは別にいますし、参加者なのにです。前に参加したことのある女性に聞いたところ、常に参加される方だそうでもう自分たちの婚活パーティのようにふるまっているらしいのです。

他の婚活パーティはココがおススメ!など情報を教えてくれるみたいなので皆さん紹介してもらったりしているそうです。最後は男性側から2枚のカードを頂きました。OKなら主催者に連絡先を教えてもらうというものでした。初めてにしてはまずまずね、と同僚と話をしていたら女性のリーダー的な方が「よかったねー」と話しかけてきました。

その後彼女のおしゃべりは止まらなく、何回お見合いした、○○市の婚活パーティは成約率が高いなど私たちは愛想笑いで返すしかなく困りました。そんなに簡単に出会えるわけではないと思いますし、何回参加してもいいと思います。

ただ、婚活パーティに参加することが目的になっているようで結果が出ていないからずっと参加しているのではないかと思ってしまいました。初めて出席した私は最高の話し相手だったようで、短い時間でいかに相手を探るか、仕事・年収の聞き出し方など一時間近くもつかまりました。
取り巻きの方も三人ほどいましたが「○○さんは婚活マスターよね~」「○○さんに聞けばすぐ相手見つかるね」などのわかりやすいお世辞で少々嫌になってしまいました。今後は、もっと自由なパーティに行くつもりです。皆さんも、自称婚活マスターに要注意です。あ~あ、こんな事なら最初から婚活サイトでおとなしく婚活しとけば良かった・・・・。トホホ。このサイトなんかすごく参考になりますよ。⇒ぽっちゃりでも全然大丈夫!婚活サイトで真面目に婚活しませんか?

60歳以上の薬剤師はセコい!!

これは私が某製薬メーカーに勤めていた頃の話です。

この業界は金銭感覚の狂った業界で、営業車は1人1台プレミオが与えられていました。たいして荷物も積まないんだからこんな立派な車じゃなくて軽自動車で十分だと思いますが、なぜかそれなりの車を与えられます。

そして、会社名や商品名が入った販促品の数もとんでもなく多いです。
例をあげると、ボールペンに修正テープにマグネットといった文具や、金銭授受用のトレー、ウエットティッシュ、脂取り紙、携帯用ストラップ、時計に写真立てとあまり仕事には関係ないものも多数あります。しかし、これがないとドクターや薬局長と会う口実が作れないんですよ。看護師達も大変喜んでくれますし、仕事をスムーズに進めるためには必要不可欠なアイテムです。

ある日、某薬局長から電話があり、「この前のボールペン、すごく書きやすくて好評だったんだ。またもらえるかい?」とのことでした。ですが、こんなことはどこの病院や薬局でもあることで、確かにうちの会社のボールペンは書きやすく私たちもこっそり使っていました。
しかし、後日、「○○(薬のキャラクター)の販促品はないかい?」と電話があり、数点お持ちしました。このキャラクター、実は、業界でも可愛いと有名でネットで「○○君友の会」というサイトまであるくらいなんです。販促品は非売品ですので、入手するにはうちの会社からもらう以外に手はありません。会社もその人気にあやかり、どの販促品にもそのキャラクターを載せ、もはや会社のキャラクターのように乱用していました。

薬局長には多くの薬を入れてもらってましたので、惜しみなく販促品をお渡しました。
ある日、社内で例のキャラクターグッツ(販促品)が高額で売りに出されているとの話を聞き、早速ネットで見てみると例の販促品は高額で取引されていました。非売品ですから、欲しい人にはありがたい話です。
売りに出している方は、ハンドルネームが同じなので同じ人が大量に販売しているようです。間違いなく我が社の取引先の方でしょう。
数日後、あの薬局長の元で働く薬剤師から電話がありました。

「薬局長が販促品をネットで販売してお小遣い稼ぎしてるから、もう渡さなくていいですよ。本当に必要なものは私たちからご連絡しますから。」と。
薬局長、もう少しマシなお小遣いの稼ぎ方をしてください。あるいは、もう薬局によっては邪魔な存在せうからいっそ転職して下さい!!
コチラのサイトでどうぞ!!⇒「60歳以上の薬剤師求人も結構ありますよ|※具体的探し方のコツ