介護士や薬剤師など医療関係者は敬語を使うべきか

介護の仕事でよく利用者さんに敬語で話せばいいか、親しみを込めて、友達感覚で話せばいいかよく議論されますよね。介護士として10年以上勤務している私なりに考えた、利用者さんに対してのコミュニケーションを考えてみましたのでご紹介します。

◼愛情があり利用者さんが親しみがあるコミュニケーションが最高
利用者さんに対して愛情がなくて敬語で話しているよりも、フランクで話していても利用者さんに愛情をもって話して利用者さんが笑顔であればフランクで会話していた方がいいですよ。

◼コミュニケーションの受け取り方は利用者さんによる
利用者さんが敬語で話してくれた方がいいと訴えがあれば敬語で会話してくださいね。親しみを持ちたいからフランクな言葉で話したいと職員が思っていても、利用者さんのコミュニケーションのニーズが敬語で話してもらいたいとニーズがあれば敬語で会話してくださいね。特に年配の利用者さんは縦社会で生活してきましたから、敬語で話して欲しい利用者さんはたくさんいますよ

◼最初は敬語から話すこと
職員と利用者さんがまだ信頼関係がうまれていないなら最初は敬語から入ってくださいね。初対面からフランクな言葉よりも敬語から入った方が問題がありません。

◼日本語の敬語をしっかり勉強はする必要はない
国語の授業で敬語の使い方を勉強してきたと思いますが、そんなに敬語はしっかりできていなくてもコミュニケーションは成り立ちます。敬語の勉強は特にする必要はないですよ。敬語が全く使えない職員は少しだけ勉強した方がいいですが。

上記のようなコミュニケーションで利用者とコミュニケーションをはかるといいのではないかと思います。利用者さんが気持ちよく会話できているかどうかは、コミュニケーションを通じて考えていってくださいね。利用者と上手くコミュニケーションができれば利用者さんの精神的向上の質をあげることが出来ますよ。

ちなみに、私の友人が薬剤師をしていて、最近復職したのですが、高齢化社会ということもあって年配の患者さんがよく来局されるそうです。あまり敬語で丁寧に話過ぎると、慇懃無礼だといわれる方もいるようで難しいと話してしました。<<薬剤師 求人 品川区>>敬語云々は、医療業界、もしかしたら世間全体でコミュニケーションをとる意味で難しいのかもしれませんね。

カテゴリー: blog

彼と初めてのお揃い

クリスマス先日、今の彼と付き合い始めて初めてのクリスマスを迎えました。
彼は私より6つ年上で、大人で包容力のあるところが大好きです。

ですが私が彼のことを好きすぎて、何となくお互いの好きという感情に温度差を感じていました。
私が彼に好きだと言うとありがとうと言われてしまうし、「好き?」って聞かないと好きと言ってくれません。
きっと彼からしたら私みたいに愛情表現が多すぎたり愛情表現を求められたりするのはうざいんだろうなと思いつつも、私は愛情表現をしてもらえないと心配になってしまう性格なので、勝手に悶々としてしまう毎日でした。

彼の誕生日の時、彼にあるブランドのカフスボタンをプレゼントしました。
彼の誕生日はちょうど長袖になる季節で、彼はスーツにこだわりがある人なのでデザインは彼に選んでもらうことにしました。
お互い特にそのブランドが好きだというわけではないのですが、私の勝手なイメージで何となくおしゃれな人はそのブランドのものを身に付けているイメージがあり、彼はノーブランドの安いカフスで良いと言っていたのですが、せっかくの誕生日だし、私がそのブランドのものを身に付けてほしいからと言う理由でそのブランドの中から選んでもらいました。

そしてクリスマス、彼は私に何が欲しいか聞いてきました。
私は特に欲しいものがなかったのですが、たまたまネットの広告でみたディズニープリンセスデザインのアクセサリーがとてもかわいくて、それが欲しいと言いました。しかし、どれも本当にかわいくてどれがいいか迷っている間に本当に欲しいかわからなくなってきたので「やっぱりいらない(笑)」と断ってしまいました。

ネックレスがいいのかと聞かれたのですが、普段からあまりネックレスを付けておらず、本当に何も欲しいものがなかったので「高級な焼肉が食べたい」と言って焼肉デートをおねだりしました。

当日、私が期待していたよりも素敵なお店に連れて行ってもらい、そこで彼にプレゼントを渡されました。
私は何かもらえるなんて思っていなくてすごく嬉しくて、その場で包みを開けると、目に入ったのは彼の誕生日プレゼントを買ったブランドのロゴが入った小さな箱でした。
私がこのブランド好きって思ったのかなとか、ここのブランド高いのに頑張ってくれたんだ、なんてことを思いながら箱を開けると、出てきたのは彼にプレゼントしたカフスと全く同じトップのネックレスでした。

私はすごく嬉しくて必要以上に興奮して涙まで出てきてしまいました。
いつも自分だけが彼のことを好きなんじゃないかと不安になっていましたが、彼が自分からお揃いのプレゼントをくれたことですごく彼の愛情を感じられました。

カテゴリー: blog